税金を減らす方法を知っておこう

税金を減らす対策をしよう

税金ならない分を把握しよう

実は、サラリーマンでも節税ができます。
まず給料の全てが税金に含まれると思っている人は、その考え方が間違っています。
給与所得控除というシステムがあるので、上手く活用してください。
どのくらいの給料をもらっているのかによって、引かれる税金の額は変わります。
ですが、最低でも65万円は引かれるので安心してください。

税金は、たくさん給料をもらっていればそれだけ金額が高くなってしまいます。
給料から65万円を引いた額が税金の対象になるので、支払う金額が少なくなります。
仕組みを知らないで、多く支払いすぎていた人もいるかもしれませんね。
自分の給与所得控除がいくらなのか、計算してください。
今後は正しい金額を納めましょう。

保険を使って節約しよう

民間の生命保険や医療保険などに入っている人なら、生命保険料控除というものが適応されます。
少しだけ支払う税金が安くなりますが、これまでそのシステムを知らなかった人もいるでしょう。
多く支払いすぎていた人は、取り戻してください。
申請すれば、税金が返ってきます。
多くの人は民間の生命保険に入っているでしょうから、生命保険控除を利用できるはずです。

1年の終わりに申請できます。
その時に申請し忘れてしまった場合は、確定申告で申請すれば良いので諦めないでください。
税金を取り戻すことも、結果的に節税に繋がります。
自分だけでなく、家族も保険に入っていれば同じく適応されます。
みんなの支払いすぎた税金を、取り戻しましょう。


TOPへ戻る