税金を減らす方法を知っておこう

どのような控除があるのか調べよう

扶養控除を利用すれば良い

扶養控除とは、家族を養っている人に当てはまる税控除のことを言います。
家族と一緒に住んでいて、養っている人は税金を少なくすることができます。
ですが一緒に暮らしている人が子供で、16歳以下だった場合は適応できないので気をつけてください。
一緒に住んでいなくても、16歳以上の家族を養っている場合は扶養控除が適応されます。
例えば子供が進学のために離れて暮らしていて、月に仕送りをしている人が見られます。
その場合も扶養控除が使えます。

家族を養って、さらに税金を支払うのは大変ですよね。
ですからそのような控除の制度があります。
結婚しているサラリーマンは、養う家族がたくさんいるでしょうからこの控除を使わないと損です。

払いすぎた医療費を返してもらおう

たくさん病院を利用した人は、確定申告で税金が戻って来るかもしれません。
1年で医療費が10万円以上になった人は、この制度を利用できます。
税金が戻って来るので、節税に繋がりますね。
ですが病院のレシートや領収書を持っていないと請求することができません。
病院へ行った時は、レシートや領収書を捨てないで取っておくようにしましょう。

家族全員の医療費を、合計して10万円を越えれば大丈夫です。
また、通院するためにバスや電車で行った場合はその領収書ももらってください。
交通費も合計できるので、意外とすぐに10万円を越えます。
年末に確定申告があります。
その時までに1年間の医療費がどのくらいの金額になったのか、調べてください。


TOPへ戻る