税金を減らす方法を知っておこう

何を買って控除を受けよう

サラリーマンはスーツを買おう

サラリーマンは、仕事でスーツを着用する機会が多いと思います。
ですから何度も買い替える人がたくさん見られます。
サラリーマンにとってスーツは必需品なので、特定支出控除が適応されます。
特定支出控除とは、仕事で必要なものを購入した時に、決められた金額を越えれば代わりに税金が戻って来るシステムです。

仕事関係で購入したものなら、スーツ以外でも適応されるかもしれません。
せっかく税金が返ってくるのに、申請し忘れたら勿体ないです。
現代では、適応される範囲が広くなっています。
自分は無理だと思ったものが、適応されるかもしれないので気軽に役所に行って申請してください。
もしダメだった場合は、その時に職員から指摘されます。

住宅を購入して節税

節税したいと思っているなら、思い切ってこのタイミングで住宅を購入してみてはいかがでしょうか。
住宅を購入する時は、一括払いかローンを組むか決めます。
かなり高額だと思うので、ほとんどの人はローン払いを選択するでしょう。
その時に、住宅ローン控除というシステムが適応されます。
住宅ローンを組んで住宅を購入した人は、税金が安くなります。

急に購入を決めることはできないと思いますが、どうせいつか購入しようと思っているなら、この機会に住宅を買ってください。
念願のマイホームを手に入れることができますし、さらに税金も安くなるのでメリットがたくさんあります。
申請が少し複雑なので、詳しく調べてゆっくり必要な書類などを記入しましょう。


TOPへ戻る